メニュー

めまい

めまいには大きく分類して末梢性めまいと、中枢性めまいがあります。

末梢性めまい

代表的な疾患として、良性発作性めまい症、メニエール病があります。

良性発作性めまい症

末梢性めまいの中でも多く見られるのが、良性発作性めまい症です。
これは、耳内の平衡感覚器の中にある小さな石(耳石)が所定の位置から
剥がれてリンパ液で満たされた三半規管に迷い込んで、急に頭や体を動かす
ことによりめまいが生じる疾患です。めまいは、回転性のみならず浮遊性の
場合もありますが通常1分以内で治ります。その名の通り、良性で徐々にめ
まいは消失します。

メニエール病

原因は、耳内のリンパ液が異常に増加して生じると考えられています。
回転性めまいとして、吐き気、耳鳴り、難聴を伴い反復することが特徴です。
めまいの持続時間は、長くても24時間以内で治まります。

中枢性めまい

小脳や脳幹に流れている血管の梗塞や、出血により生ずるめまいもあります。
この様な場合は、頭痛、手足の麻痺、顔面のしびれ、ろれつが回らなくなる、
意識の消失などの症状を伴います。
 
従って、めまいの診断には神経学的検査、眼振(眼球の異常な動き)検査など
専門的検査が重要になります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME